2017年人気のおすすめバーベキュー食材はこれ

2017年人気のおすすめバーベキュー食材はこれ

「今バーベキューで絶対に食べておきたい食材」
家族や仲間内で楽しいキャンプへ行くなら、いったいどんな食材を持っていくと良いのでしょうか?もちろんバーベキューの基本は網焼き・鉄板焼きですから、どんな食材でも美味しくいただけるのは確かです。ですが、せっかくのアウトドア料理なのですから、とび切り美味しい料理を食べたいものです。そこで今人気のおすすめバーベキュー食材をチェックしてみましょう。次回のキャンプでぜひお試しください。まず肉ですが、炭火の網焼きで美味しいのが骨付き肉です。牛や豚でも子羊でもあばら骨の付いたスペアリブは最高です。特に今年は子羊のスペアリブがおすすめで、最近は輸入環境の改善で良いものがリーズナブルに手に入ります。もちろん焼く前に好みのタレに一晩漬けておく事をお忘れなく!そしてタレに使うスパイスにこだわると本格的な自家製スペアリブが楽しめます。また炭焼きステーキは外せません。家庭では煙が立つので、なかなかする機会がないでしょうから、バーベキューの時に思い切った高級肉でチャレンジしてみましょう。この時のポイントは2つ、こちらもソミュール液(数%の塩水)に一晩漬けて置くのがコツです。そして炭火の調整もとても大事で、始めは近火で表面をサッと焼き固め、後は遠火にしてじっくりと焼いて行きましょう。調味料は岩塩とコショウのみでもOKです。その他に、豚カルビと韓国レタスのサンチュ、ニンニクスライスと辛みそでサムギョプサルも良いでしょう。みんなでワイワイやれる料理です。また牛・豚のモツの白焼きもオツなものですからお試しください。

 

スポンサードリンク

 

 

「新鮮な魚介類は炭火の網焼きで食べましょう」
肉も良いですが、魚介類は必ず用意するべきです。定番はホタテや牡蠣やサザエにあさりの網焼きでしょう。特に焼き牡蠣は炭が一番です。クリーミーな身を濃厚スープと一緒に召し上がってください。それから北海道のチャンチャン焼きもワクワクする料理で、大きな生鮭の切り身とたっぷりのキャベツ・もやし・タマネギ・にんじんなど鮮度の良い野菜を選びましょう。そして忘れてはいけないのがキノコ類です。シイタケやマイタケはもちろん、シメジにエリンギとお好みでアレンジできます。そこに上質のバターと本物の赤味噌・白味噌をブレンドしてだし汁で伸ばします。仕上げに純米酒をドボドボとかけて出来上がりです。バーベキューの定番中の定番といえば鉄串焼きですが、これは柔らかな牛の赤み肉が必須です。そしてタマネギやピーマン、コーンなど好みの野菜を交互に挟んで刺します。ただし、スパイスにはこだわりましょう。クミンやコリアンダー、バジル、チリペッパーなど、単体のスパイスをセットで持っていって自分流にブレンドするのも醍醐味です。他にも小さくたき火をして、その周辺でアユやヤマメ、アジやイワシなどの魚を丸ごと長い串に刺して燻焼きをするのも格別です。たき火に桜のチップを使うと香りが一層引き立ちます。また、最も手軽でお好みの蒸し料理が楽しめるアルミホイルの包焼き料理があります。これはとにかく好きな具材をアルミホイルにくるみます。調味料は塩とコショウだけでもOK,それをおにぎり大に握って、後はコンロの端っこやたき火の際に投げておくだけ、良い香りが立って来たら勝手に食べるのがルールです。それから締めには焼きソバか焼うどんは欠かせません。鉄板焼きの方は絶対に用意しておきましょう。そこに残った野菜と肉、魚介を全部投入して、キレイさっぱり食べてしまうならば、バーベキューは大成功となります。基本的にはもっていった食材を無駄に余らせない事、ゴミにしない事もバーベキューを気持ちよく楽しむコツなのです。

 

スポンサードリンク

 

 

「バーベキューを盛り上げるお酒にもこだわりましょう」
バーベキューをより楽しくしてくれるのがお酒でしょう。ビールやワインやウイスキー、日本酒に焼酎となんでもOKですが、やはり銘柄にはこだわるべきです。安い酒を大量に飲んで、目いっぱい酔っぱらいたいという方は別ですが、料理を楽しみ仲間との会話を盛り上げるのであれば、自分のこだわりの一本を持っていくことがベストです。ビールも発泡酒ではなく、ちゃんとした麦とホップの効いたビールをクーラーボックスでキンキンに冷やして飲みたいものです。よく川や海の水に浸けておく人がいますが、水温はせいぜい15度くらいでぬるいのです。できれば5度までしっかり冷やして、美味しく飲みたいものです。また肉料理におすすめのお酒にはアイラ島のシングルモルトがあります。潮の香りのストロングフレーバー・モルトですから、脂っこい味にも負けません。またオシャレにやるならばスパークリングのロゼワインも良いでしょう。そして魚介類はやはり蔵出しの純米吟醸が最高ですし、薩摩の本格焼酎もたき火料理には合います。ソフトドリンクでは炭酸ジュースが飲みたくなるところですが、それは都会でもできるのでキャンプの時は自分で炭酸入りのレモネードやオレンジジュース、そしてたっぷりの麦茶などを作って持っていく事をおすすめします。

 

スポンサードリンク