アメリカンスタイルのバーベキュー

アメリカンスタイルのバーベキュー

テレビなどで見るアメリカのバーベキューの食材といえば、とにかくお肉の量の圧倒的な多さ。
分厚いお肉の塊がどかっ、と網に並べられてジュージューと油が落ちてこんがりと美味しく焼けていて、たまに野菜がちらほらと見える印象です。

 

また最近では、焼き方も豊富で、直火焼きやローストだけではなく、お肉をウィンナーやベーコンなどの食材を燻製するスモーク式で焼く方法もアメリカンスタイルとして人気を発しているようです。
方法としては、木材片を燃やし大量に煙を出して蓋をして低温で焼く、というものです。

 

アメリカンスタイルのバーベキューは、甘いバーベキューソースを肉にたっぷりかけたこってり味、というイメージですが、実際食べてみると味のほとんどは塩とブラックペッパーのみ。
日本人はとかく甘い焼肉のたれをたっぷりとお肉や野菜などの食材につけて食べますが、アメリカンスタイルの味はとてもシンプルです。
また、おにぎりや焼きそばなどの炭水化物はとらずに、主食のお肉をたっぷりと味わうので、体重を気にする方にもたまにはこんなアメリカンスタイルのバーベキューも迫力があり、食べ応えがあって楽しいのではないでしょうか。